学校長挨拶

東北新幹線那須塩原駅の近くにある私たちの那須看護専門学校は、10年ほど前に設立された比較的新しい学校です。しかも、一学年40名という小さな規模の学校で、家庭的な雰囲気の中、やさしい看護師を育てていくことを目標の一つにしています。「少人数だから学生さん同士や、教職員との絆が深くなれます。」「少人数だから個別指導もでき、じっくり勉強できます。」そのような学校です。

学生は全員、初めて「医学、医療、看護」の道に入ります。そこで学ぶものは、もちろんサイエンスとしての医学・看護学ですが、それ以上に大切なものは「医の道、医の心」を学ぶことです。「医の心」とは、どんな心でしょう。ある著名な先生によれば、①患者様の悩み、苦しみ、痛みに共感する心、②患者様に慰めの手、いたわりの手を差し伸べることができる心、そして③患者様の為に尽くす心、だそうです。

このような、「博愛」の精神に満ち溢れた「心」を手に入れた看護師を育て、地域に送り出そうとしているのが、私たちの学校です。是非、私たちの仲間になりませんか。

                                                                                                            那須看護専門学校

                                                                                                           学校長    屋代 隆

(学校長プロフィール)
栃木県立大田原高等学校卒業
東京慈恵会医科大学卒業・医学博士
自治医科大学医学部・名誉教授/客員教授
帝京平成大学健康メディカル学部・客員教授
インドネシア国ハムカ大学・客員教授
国立モンゴル医科学大学・名誉教授