受験生・保護者の皆さまへ オープンキャンパス 3年間の流れ 奨学金制度 アクセス 卒業生のメッセージ よくある質問 関連施設

戴帽式を行いました。

2013/10/03

 平成25年10月1日、戴帽式を行いました。
その模様が新聞に掲載されましたので、ご紹介いたします。

1回生、決意新た 那須看護学校で戴帽式

 【那須塩原】昨春開校した那須看護専門学校(上川雄一郎学校長)の戴帽式が1日、鹿野崎の宇都宮共和大那須キャンパスで行われ、第1回生36人が看護の道への決意を新たにした。
 戴帽式は、看護師の象徴であるナースキャップを初めて着ける儀式で、11月から始まる医療機関での実習を前に実施。学生たちは斉藤恵子副学校長からナースキャップを授かった後、キャンドルに火をともしナイチンゲール誓詞を斉唱した。戴帽生を代表して2年佐藤千晶さん(23)は「看護の道を明るく照らせるよう、使命を全うしたい」と述べた。
平成25年10月2日 下野新聞より

誓い新たに戴帽式

 ◆那須塩原◆ 那須看護専門学校の第1期生の戴帽(たいぼう)式が1日、宇都宮共和大那須キャンパスであり、2年生36人が誓いを新たにした。
 3か年の課程のうち、病院で本格的な臨床実習が始まる前に行う。白衣を身につけた学生一人ひとりが、壇上でキャップを付けてもらった。上川雄一郎校長が「初心を忘れず、プロフェッショナルな看護師を目ざしてほしい」と式辞を述べた。
 学生代表の佐藤千晶さん(23)は「患者さまを思いやる気持ちを大切にし、日々精進していく」と誓った。最後に学生全員がキャンドルに明かりを付け、ナイチンゲール誓詞を読み上げた。今後、那須赤十字病院(大田原市)などで実習を行う。
平成25年10月3日 読売新聞より

戴帽式1
戴帽式2
戴帽式3
戴帽式4
戴帽式5
戴帽式6