受験生・保護者の皆さまへ オープンキャンパス 3年間の流れ 奨学金制度 アクセス 卒業生のメッセージ よくある質問 関連施設

開校記念式典を行いました

2012/02/13

那須看護専門学校の内覧会及び開校記念式典を2月11日に行いました。
記念式典の様子が下野新聞に掲載されましたので、ご紹介いたします。


看護師不足に対応

那須塩原の那須看護専門学校4月開校へ記念式典

【那須塩原】4月に開校する前弥六の「那須看護専門学校」の開校記念式典が11日、福田富一知事、阿久津憲二市長ら来賓、関係者ら約100人が出席して市内の「割烹石山」で行われた。
同校は、大黒町の菅間記念病院などを運営する社会医療法人博愛会(菅間博理事長)が県北地域の看護師不足対策として開校する。3年課程で、看護師養成機関としては県北地区で3ヶ所目。
式典で菅間理事長は「高齢者を支える医療介護の人的体制を整えることが必要と考えた。患者の心を理解する看護師を一人でも多く育てたい」、上川雄一郎学校長は「優秀な人材の育成は学校だけではできない。隣地実習をお願いする医療機関や地域が温かい目で成長を見守ってほしい」などとそれぞれあいさつした。
校舎は5階建て。基礎看護実習室、母性・小児看護実習室など最新の実習設備を整えたという。4月1日に1期生40人を迎える。

(平成24年2月12日 下野新聞)